So-net無料ブログ作成
検索選択

【思いを託す JR脱線・被害者へ】(1)長女を失った木下建一さん(43)(産経新聞)

 ■司法手続きに翻弄4年

 −広島市の小1女児殺害事件は1審で公判前整理手続きを経て5日間連続の集中審理が行われました。裁判員裁判のモデルといわれましたが

 「『争点を絞るから裁判が短くなる』と聞いて、長引くよりはいいと思っていました。判決には不満でしたが、一区切りが早くついたのはほっとしました」

 −2審以降の状況についてはどうですか

 「高裁が地裁に差し戻したのは予想外で、とてもがっかりしました。せっかく被告のペルーでの前歴が証拠採用されたのに、それは全く判決に反映されなかった。さらに最高裁が上告を受理し、結局この4年間は司法手続きの問題を審理しただけで、事件については何も新たに明らかにならなかった」

 −迅速審理のはずが、結果的には制度や手続きの問題で長引いてしまった

 「刑事裁判が被害者や遺族のためにあるのではないとは理解しています。でもこうなるぐらいなら、たとえ長引いても普通の裁判をしてほしかった。いろんな証拠を審理し、被告人質問をしてほしかった。それで少しでも事実が明らかになったかもしれませんから」

 −JR脱線事故でも公判前整理手続きが適用される見込みですが

 「公判前整理で争点が絞られると、事件の背景や詳細な状況は審理の対象外になる。遺族が望む真相究明とは、方向が変わってしまうかもしれません」

 −差し戻し控訴審は6月の第2回公判で結審する見通しですが

 「非常に残念です。被告の口から真実が明らかにされることは、二度となくなってしまう。私は、たとえどんな残酷な殺され方で、聞くに堪えない内容でも、子供の最期の姿を知りたい。学校を出てから亡くなるまでの時間は、4年以上たった今も空白のままで、非常につらい。この空白が埋められる可能性を、私は法廷に懸けてきたのに」 (聞き手 木村さやか

                   ◇

【メモ】広島市の小1女児殺害事件 

 平成17年11月、広島市安芸区で下校途中の小学1年、木下あいりちゃん=当時(7)=の遺体が見つかり、殺人、死体遺棄、強制わいせつ致死などの罪でペルー人のホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(38)が起訴された。広島地裁は死刑求刑に対し無期懲役を選択。2審広島高裁は19年12月、「審理が尽くされていない」と1審判決を破棄して地裁に差し戻した。しかし弁護側の上告を受けた最高裁は21年10月、2審判決を破棄し高裁に差し戻した。

                   ◇

 JR福知山線脱線事故は被害者の申し立てを受けてJR西日本の歴代3社長が強制起訴され、今後、法廷で審理が行われる。被害者たちにとって刑事裁判とはどんな意味を持ち、どんな問題に直面することになるのか。過去の当事者に思いを聞いた。

<新潟県立近代美術館>仏像展開幕 カビ騒動で会場が変更(毎日新聞)
極楽浄土の世界をCG復元=平等院鳳凰堂内、創建時の彩色に(時事通信)
生活センター理事長、結局政務三役が選ぶ(読売新聞)
<将棋>羽生リード広げるか、三浦反撃なるか…名人戦第2局(毎日新聞)
共産委員長、結党以来初の訪米へ…NPT会議で(読売新聞)

スーツケースから出火、一時騒ぎに=ヘアアイロンが原因か−成田空港(時事通信)

 18日午後2時10分ごろ、成田空港第1旅客ターミナルビル北ウイング1階にある荷さばき場で、ベルトコンベヤー上のスーツケースから出火、近くにいた職員が消火器などで消し止めた。積み替え作業中に充電式ヘアアイロンスイッチが入り、過熱したことが原因とみられるという。
 千葉県警成田国際空港署などによると、スーツケース(縦約70センチ、横約60センチ、奥行き約20センチ)は、米ダラスから成田空港経由でバンコクに向かう米国人女性のもので、ナイロン製。中を調べたところ、充電式ヘアアイロンのスイッチが入っており、本体の一部が溶けていた。スーツケースの側面にも長さ約20センチ、幅約1センチの穴が開いていた。 

【関連ニュース
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
18日も16便欠航=火山噴火の影響続く
米フェデックス機が部品脱落=最大130センチ、滑走路に
欧州便、欠航続く=火山灰で航空各社
欧州、17日も14便欠航=火山噴火の影響

がん検診受診率、「なかなかショッキング」(医療介護CBニュース)
高速で車乗り捨て走って逃げる 無免許容疑の男逮捕(産経新聞)
<絵はがき>正岡子規の孫、子規の叔父・加藤拓川コレクションの一部公開計画 (毎日新聞)
<火山噴火>JALモスクワ便が成田到着 4日ぶりの欧州便(毎日新聞)
「最後の映像、使命感の結晶」=村本さん葬儀に500人−東京(時事通信)

<抹茶ぜんざい>おこげから金属片発見 自主回収…天野実業(毎日新聞)

 食品製造・販売の天野実業(広島福山市)は16日、「アマノフーズ」ブランドで販売した「おこげ入り抹茶ぜんざい」などおこげを使用したフリーズドライ18商品を自主回収すると発表した。今月10日、同県内の女性が「おこげ入り抹茶ぜんざい」のおこげを割ったところ、中から金属片(長さ2センチ、直径0.3ミリ)が見つかったため。健康被害などの報告はないという。

 問い合わせは同社商品回収専用ダイヤル(0800・123・3046)。【高山梓】

【関連ニュース
抱っこひも:米製品で窒息の恐れで注意喚起 自主回収も
田辺三菱製薬:業務停止25日…子会社が製剤データ改ざん
湯たんぽ:「お湯ポカ」発火の恐れで回収
入れ歯安定剤:自主回収 健康被害の恐れ
はちみつ:ふたから基準超える鉛成分 12万本を回収

東大で入学式、総長「変化に動揺せず活力に」(読売新聞)
「訓練充実、不安ない」=長期滞在予定の古川さん(時事通信)
<村本さん銃撃>死因は銃弾による失血 警視庁発表(毎日新聞)
奈良公園のシカに矢 撃った容疑2人逮捕(産経新聞)
愛子さま、登校続ける=始業式から1週間(時事通信)

警察署から盗み出す、高校生らオートバイ部品を(読売新聞)

 警察署に侵入し、押収された暴走族のオートバイから部品を盗んだとして、福岡博多区の通信制高校2年男子生徒(16)と同区の無職少年(16)が建造物侵入、窃盗容疑で福岡県警南署に逮捕されていたことがわかった。

 発表によると、2人は2月8〜15日頃、証拠品が保管されている南署内の駐輪スペースに侵入。同署が暴走族の少年から押収していたオートバイ2台から、後部座席用の改造部品など4点を取り外して盗んだ疑い。同15日朝、署員が盗難に気づいた。

 駐輪スペースは道路沿いにあり、柵(高さ約2・5メートル)で囲まれ施錠されていた。少年らは、道路から柵を乗り越えたという。2人は「通りかかったら、かっこいいオートバイが目についた。自分のオートバイに付けるために部品を取った」と供述しているという。

 同署は事件を受け、柵に有刺鉄線を設置。古賀正徳副署長は「再発防止に努めたい」としている。

<村本さん死亡>遠距離から銃撃 威力大きい実弾(毎日新聞)
野口聡一飛行士 宇宙からオーロラ撮影(毎日新聞)
伝統工芸を上海万博から発信 岩手をアピール「巨大南部鉄瓶」(産経新聞)
元横綱主治医、1億円所得隠し=架空経費を計上−東京国税局(時事通信)
岩場の迫力体感 三宮に西日本最大級のクライミングジム(産経新聞)

善意があだに ラーメン店主が落とし物届ける間に店が全焼(スポーツ報知)

 和歌山県有田川町で4日、ラーメン店の店主が交番に落とし物を届けている間に店が全焼するという出来事があった。

 県警湯浅署によると、4日午後1時50分ごろ、有田川町のラーメン店「広暁(こうき)ラーメン」から出火し、店を含む木造2階建ての長屋延べ約500平方メートルが全焼した。長屋には7棟あり、ラーメン店は東端の2棟。他4棟は空き家だったが、1棟のみ会社員男性宅が含まれていた。会社員も不在だったため、負傷者はなかった。

 午後0時半ごろ、店主の石橋広暁(ひろあき)さん(69)が店の前に茶色い財布が落ちているのを発見。午後5時の開店に向けた仕込みの途中だったが、いったん店を閉めて約650メートル離れた交番に届けた。だが、店に戻ると火は既に燃え広がっていた。石橋さんは「戸締まりはちゃんとしたし、火を消した」と話しているが、同署は仕込みのスープの火が何かに引火したものとみている。当時、県内には乾燥注意報が発令されていた。

 「広暁ラーメン」は、和歌山ラーメンの特徴である豚骨しょうゆスープの「しょうゆラーメン」(500円)を主力商品とする店で、時間帯によっては居酒屋の形態も取っていた。湯浅署の加藤智美次長は「善意があだになってしまい本当に気の毒だ」と同情している。

 【関連記事】
和歌山県 有田川町 ラーメン店 調べる

国語教科書、新聞で読解力養うコーナーも(読売新聞)
「橋下新党」へ新会派発足=22人が参加−大阪府議会(時事通信)
舞妓 「仕込みさん」通信制高校に入学 京都・五花街で初(毎日新聞)
拳銃と実弾42発、山中で発見=強殺未遂事件で逮捕の男供述−福岡県警(時事通信)
手配写真を更新=日本赤軍メンバー−警察庁(時事通信)

中国で「グーグル離れ」相次ぐ ネット業者、検索機能排除も(産経新聞)

 【上海=河崎真澄】中国香港の通信ネットワーク業者の間で、自社のサービスに組み込んだ米グーグルの技術や検索機能を排除する動きが広がっている。

 25日付の英紙フィナンシャル・タイムズは、中国の通信大手、中国聯通(チャイナユニコム)が、新型の携帯端末に搭載予定だったグーグル製の基本ソフト(OS)「アンドロイド」の利用を見送ると報じた。同社は「われわれは中国の法律を順守する企業と仕事をしたい。グーグルとは当面、かかわりをもたない」としている。

 また、香港からの報道によると、中国本土向けにサービスを提供している香港の有力ポータル(玄関)サイトTOMは、自社サイト内に置いていたグーグルの検索機能を取り除いた。

 TOMは華僑社会で最も成功した人物として知られる香港の李嘉誠氏が率いる長江実業傘下の企業。李氏は中国共産党の指導者層や中国当局と親しい関係にある。香港メディアはTOMが中国に対する政治的配慮からグーグルとの関係を断ったとの見方を伝えた。

 中国や香港で今後、中国当局を敵に回したくない企業などによる「グーグル離れ現象」も懸念される。

【関連記事】
グーグルが中国政府の「抑圧」実態を証言
中国の携帯端末で「グーグル外し」 英紙報道 
ネット検閲は「貿易障壁」 グーグル創業者、英紙に
グーグル撤退、約9割が賛成 中国のネット利用者
香港経由の検索サービス、本土から利用困難に
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<九州自動車道>自転車で疾走1.5キロ…大学生が誤進入(毎日新聞)
<台風1号>フィリピン東海上で発生(毎日新聞)
アナウンサー直伝講義術、京大教員にDVD(読売新聞)
公明・神崎元代表引退へ=衆院任期前に、坂口元厚労相も(時事通信)
JR西歴代3社長起訴へ 井手氏、効率化を推進 南谷、垣内氏が継承(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。