So-net無料ブログ作成
検索選択

同じ病室2年前もチューブに穴 大阪・豊中の病院、殺人未遂(産経新聞)

 大阪府豊中市庄内宝町の大阪脳神経外科病院(132床)で5月、入院中の女性患者が装着していた人工呼吸器の酸素用チューブに穴が開いているのが見つかり、豊中南署は8日、何者かが故意に開けた可能性があるとみて、殺人未遂容疑で捜査を始めたと発表した。女性の容体に影響はなかったという。2年前にも女性の酸素用チューブに穴が開くトラブルが起きており、関連を調べる。

 豊中南署などによると、5月31日午後10時ごろ、病院4階の大部屋に入院中の女性(64)=豊中市=のベッド付近で、「シューッ」と酸素が漏れる音がするのに巡回中の看護師が気づき、チューブに直径数ミリ程度の穴が開いているのを見つけた。この日午前中に技師が検査した際には異常はなく、病院側は6月1日、警察に届け出た。

 捜査関係者や病院によると、女性は平成16年11月から、意識不明の重体で入院。当時から自発呼吸が困難で人工呼吸器を装着していたが、20年10月6日夜にも、同じ病室で、今回とは別の型の人工呼吸器のチューブに穴が開くトラブルが起きていたという。

 人工呼吸器は酸素が長時間漏れた場合は警告音が鳴る仕組みだが、いずれのケースとも、警告音が鳴る前に巡回中の看護師が発見しており、酸素が漏れた量や時間はわずかだったとみられる。チューブの穴は今回と2年前の事例では形状が異なっていた。

 同病院は昭和60年開院。脳神経外科のほか、神経内科、リハビリテーション科などがあり、脳卒中の急性期治療に取り組んでいる。

【関連記事】
点滴ミス200万円で和解 大阪・泉佐野市の病院
体内に25年間ガーゼ放置 今年1月に摘出 長崎市市民病院で
ガーゼ20年間、体内に放置 愛知・東海市民病院で医療ミス
医療センターのミス認定 岐阜県に1670万円賠償命令 名古屋高裁
【働く 豊かさを求めて】(4)崩壊する地域医療
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

中山岩太「神戸風景」 旧居留地 洗練されたイメージの源流(産経新聞)
日露海戦の詳細記述…秋山真之の書簡を寄託(読売新聞)
店長に怒られカニ、イカ死なす=いけすに洗剤、元従業員逮捕―北海道函館市(時事通信)
<脅迫>武富士副社長宅に「約束破った」の手紙、銃弾?同封(毎日新聞)
賢明な決断、イランに求める=岡田外相(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。